ストライキが新聞に!

20130427読売新聞記事

 

読売新聞4月27日和歌山版にストライキの記事が載りました。

 

わかやま市民生協労働組合は26日、正規職員とパート職員の労組を統合した2007年以降初めて、終日ストライキを行った。

同労組によると、わかやま市民生協は03年以降、売り上げが年100億円程度あり、人件費削減効果もあって、毎年5~6億円の最終利益がある。

ただ、パート職員の初任給は県内の最低賃金(時給690円)より10円高い700円で、労組側は賃上げを求めたが、経営側が拒否したという。

この日、組合員約20人がJR和歌山駅(和歌山市)前でチラシを配ったり、全国の最低賃金を時給1000円にする署名活動への協力を求めたりした。

同労組の執行委員長は「パート職員らの賃上げが経済の活性化につながる」と話した。

 

マスコミでの紹介はおそらく初めての事かと思います。

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

ストライキが新聞に!」への1件のフィードバック

  1. いいぞ!がんばれぇ!最近はろくな生協経営者がいないんだから、徹底的にたたかおう!

記事にコメントする