5月30日のストライキ配置に向けてスト権投票を。

【労組員の皆様へ】

現在、労働組合は5月27日(月)から5月29日(水)で団体交渉を申し入れています。

その上で、5月30日(木)は、執行委員と正規労組員全員のストライキを配置したいと考えています。また、同時にパート遵法闘争闘も行いたいと考えています。

ストをするかどうかは、交渉の有無を含め、最後まで分かりません。

できれば労働組合としても回避したいというのは、この間ずっと説明してきている通りです。スト配置は、あくまでも交渉の戦術の一つにすぎません。交渉を有利に進めるための合法的な労組活動の一つです。理事者側が回避基準である「賃金や一時金の一次回答からの引き上げ」を行えば、ストは回避されます。

この間、一次回答からほとんど動かない状況が数年にわたって続いており、今年は例年だと付いていた配送パート職員の一時金のプラスアルファ分までカットされるという回答でした。とにかく一次回答が動けばストは回避できるという、非常にゆるい回避基準になっています。

まずはスト権の確立が先になりますので、配布された投票用紙をよく読んで、投票を行ってください。

どうかよろしくお願いいたします。

関連記事