投稿:「現場の声はどう生かされるのか」

bd251a3cd1eca0fd6ba0f1907db6f025_m

「現場の声はどう生かされるのか」

投稿 by いつのまにか中年オヤジ

13041701

ドライシッパーの問題を例に

今春闘では様々な問題点が現場から出されました。

その一つの例として、支所でのドライシッパーの5.5段の積み付け問題があります。

5段から5.5段にするだけで、物流効率が100万円単位で節約できるとは正直、驚きでした。

しかし、一方で毎回積み込みの時に時間をかけざるを得なくなっています。

背の低い方など、降ろすだけでも大変です。

 

こういった現場へのしわ寄せによって、物流経費を浮かせているというのが実態ではないでしょうか。

しかし、仕事は今まで通りに限られた時間内でこなさないといけません。

経営的にメリットがある一方で、現場にはこのようなしわ寄せの実態があるということを、

理事者の皆様方には想像力を働かせて理解していただけたらと願っております。

 

今回の交渉で、各支所には踏み台が導入されましたが、本当に役立つのかどうかは今後の検証が必要です。

台に乗る方が、かえって危ないという声もあります。

また、原則的に二人ペアでの荷下ろし、積みこみということも必要ではないかとの提案も出されているようです。

 

いずれにせよ、ドーリー(ドライの箱を乗せる車輪付きの台)ごとトラックへ積み込むことは難しくなりました。

(湯浅支所は物流センターと隣接しているため、このような積み付けはありません)

 

欠員が何をもたらすのか

13041702他にも欠員による代走の発生によって、生協組合員さんに多大なご迷惑を掛けていたりします。

決まった配送担当者がおらず、代走で回しているようなコースでは、現場担当者は引き継ぎだけでも大変で、

もちろんそんな引き継ぎをするような時間的なゆとりなどほとんどないのが実情ですから、

結果的に不十分な引き継ぎのまま配送に行くことが多く、

その結果として組合員さんとの約束ごとを守れなかったりすることが少なくありません。

組合員サービスの低下は、やがて利用者の生協離れを招く結果となるかもしれません。

 

結局は長く働き続けられるかどうか

人員の補充とあわせて人が辞めない労働条件や、また、モラハラ、パワハラ、セクハラのない職場運営のマネジメントも大切になってきます。

労働者の高いモチベーションを維持して、組合員サービスを向上させることができれば、きっと供給も上向きになるでしょう。

また、今の政治状況はというと、消費税の増税方針であったり、リストラなどによる雇用不安、社会保障の削減、急激なインフレ政策など、

ますます消費者の財布のひもが固くならざるを得ないものとなっています。

このような社会問題も今以上に目を向け、労理がともに消費者運動を推進できるよう、

信頼関係を構築することが 求められているといってもいいでしょう。

 

皆様のご意見をお待ちしております。

 

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする