2013年9月7日付書記局ニュースNo.01「第27回定期大会開催!」

 

書記局ニュース

【第1号】 2013年9月7日

発行:わかやま市民生協労働組合

〒641-0036和歌山市西浜1660-681

 

≫≫第27回定期大会開催!

9月6日(金)本部組合員ホールにて『第27回定期大会』が開催されました。

実出席39名 委任状7名 オブザーバー参加6名

遠方からの参加や生協に入って間もない方にも多数ご参加いただき、委任状も含めてほぼ全ての分会の参加で成立しました。ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした。

定期大会は、この1年間で労働組合が行ってきた活動を振り返り、秋から始まる1年間の闘いの方針が確認される場です。

本大会で、全ての議案が圧倒的賛成多数により可決されました。

 

それでは、本大会で出された提案や発言を少し振り返ってみましょう。

 

≫執行委員長あいさつ・来賓あいさつ

リボーンオープン時の働き方には問題が残るものの、最近のお店には活気があって、ちゃんと投資してやることをやればこうなる。これは一つの教訓的な事例じゃないですか。

ただ問題は支所や本部。人員不足は悪化し、メンタル不全と退職者が相次いでいます。その結果、職場全体へ過度な負荷がかかっている。

異常な状況。普通じゃないんです。じゃあ、「普通」「当たり前」って何でしょうか?普通の職場なのか、異常な職場なのか、それをみんなで話し合ってまとめて要求に作り上げていきましょう!

みんなで本当にいい職場に少しでも変えていきましょう!

 

また、全国生協労働組合連合会

生協労連関西地連

市民生協ならコープ労働組合

市民生協ならコープパート労働組合

大阪よどがわ市民生協労働組合

京都生協労働組合

わかやま市民生活協同組合

の皆様からメッセージをいただいております。

 

≫第26期の振り返り ※ 詳細は議案書の第1号議案を参照

この1年間の振り返りがありました。今期で一番大きな出来事はやはり、ストライキでしょう。議案書に総括も載せておりますので参照下さい。

分会強化を掲げて取り組んできた26期。分会の団結は一定強まりましたが、まだまだ課題は多く残っています。

分会の一層の強化に取り組んでいきます。

 

≫第27期の活動方針 ※ 詳細は議案書の第3号議案を参照

現在の情勢を踏まえた上で第27期の活動方針を定めました。第27期も引き続き分会の強化に力を注いでいきます。

団結力を固め、様々な労働問題に対して取り組んでいきます。

秋の闘いではストライキ権の学習なども実施します。また財政問題も含めて専従体制の見直しも行っていきます。

 

≫規約の改正について ※ 詳細は議案書の第5号議案を参照

今回の規約改正の一番のポイントは慶弔福利制度の改定です。

今回、採択により規約の改正が可決されましたので、2014年4月より正規・非正規問わず慶弔福利制度が変わります。

非正規のみなさんは保障内容がぐんとパワーアップしますよ!(* ̄▽ ̄)b゛

 

補足:会計決算、会計監査、会計予算の報告・提案もあり、全て賛成多数で可決されました。

 

≫各分会からの分会発言

各分会より分会発言がありました。

「異常な経費の削減。プリンターが壊れてて線が入って出てくるのをごまかしながら使ってる。A4で打ち出せないのでB4で打ち出す」

「指定休ほんまに取れてるんやろか。5日連続でという話がないがしろになっている」

「パートの退職が多い。パートがAPの配送。募集してもなかなか来ない。人が続かない」

「仕事の役割分担みたいな話を提案していった方がいいんじゃないか。従来以外の仕事が多い」

「本当にまわらなくなるような危惧がある」

「現場の人員不足で個配はほとんど応援で出払ってる」

「所長がいない。そのしわよせが副所長へ。そして担当へ。みんなへ負荷がかかっていく」

「リボーンオープンから来客が増えてよかった。ただ、細かい問題点はいくつかある」

「退職者が出た部門にはなかなか人が入らない。器具の老朽化など」

各分会からの発言に共通していたのが、

【人員の不足】と【行き過ぎた経費削減】

の2点です。特に人員不足については現場労働者だけでなく中間管理職も含めて、今後「本当にまわらなくなるのでは?」と不安に思えてきます。

 

≫オレンジコープ不当解雇問題の訴え

不当解雇の撤回を求めて裁判闘争を行っているオレンジコープ労働組合のメンバーが駆けつけ、定期大会で支援の呼びかけを行いました。

先日の裁判で解雇無効の勝利命令は勝ち取りましたが、いまだ理事長は彼らを職場に戻そうとしません。

改めて職場復帰を求めての本訴、未払い残業代裁判、大阪府労働委員会でも不当労働行為の救済申し立てを行い、彼らは闘い続けています。

現在も署名活動などに取り組んでいます。

“生協”という職場ではたらいている仲間である彼らへのご支援、ご協力の程よろしくお願いします。

 

≫≫第27期役員選挙も同時に開票

定期大会と同時に、第27期役員選挙の開票作業も行われました。

現在の在籍者は出向者を含め、273名。

開票の結果、有効投票数は195票で立候補者全員が過半数以上の信任票で信任されました。

第27期も労働組合執行部をよろしくお願いします。

今回の選挙で信任された執行委員の紹介は、次回のニュースで取り上げる予定です。

今期で退任された役員のみなさん1年間本当にご苦労さまでした。

今後は分会でのご活躍、よろしくお願いします。

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする