2014年11月24日付書記局ニュースNo.05「14秋闘代表団交開催」

031

14秋闘代表団交開催

現場は人が足りず昼休みも取れないのに

11・20代表団交特集

最低賃金、一時金、格付け変更、昼休みなど問題解決を訴える

趣旨説明

11月20日木曜日、本部にて14秋闘の代表団交が行われました。

冒頭、中井専務理事より回答の趣旨説明ということで、大部分の中小企業はアベノミクスの恩恵には預かっていない状況であったり、パート所長の登用など働き方を変える取り組みであったり、情勢部分についての説明がありました。

阿波委員長からは、回答自体が例年よりも後退している、見切り発車のようなこともある、お互いがこの職場をよくしていこうという立場で交渉をしていきたいと表明がありました。

現場からは物流センターから、ドライ部門の暑さ対策の不十分さ、冷凍部門の欠員による後ろ回りに影響がでる問題が指摘され、これで昨年より低い回答は納得できないと発言がありました。

最低賃金について

和歌山県は最低賃金が時給715円に上がりましたが、基本時間給がPJ1の1号では700円のままである問題で、日祝手当がない場合の計算方法を確認しました。

賃金総額を総労働時間で割って715円以下の場合、時給を715円に変えて計算し直し、715円以上の場合はそのままであるとのことです。

労働基準監督署の監督官からはこのようなやりかたではダメだ、労働者にどのような説明を文章でしているのかと指摘されたことを紹介。それに対して法律には違反していないという回答。

また、窓口で説明したと強弁。まるでそれでこちらが納得しているかのような発言もありました。

労組側は、関西地連ではそのようなことをしている生協はない、法律の趣旨は賃金の底上げであると主張。また、募集チラシを見て来た人に誤解を与えるのではないかと指摘。

正規の格付け変更に伴う調整給について

調整給は1年にするのか、2年にするのか、労働組合と話し合っていく、一時金の算定基礎に含めるかどうかは検討して窓口で報告すると回答。人事制度について別途協議することを確認しました。

また、残業代には調整給が含まれていない実態があると指摘したところ、システム上それはできないと答弁。また確認するということで次回に持ち越しとなりました。

一時金について

一時金の予算に供給計画の達成率97.9%を掛ける問題で、なぜそのようにするのかについては、事業の進捗が大事だからというだけで、明確な根拠は示されませんでした。

経常剰余と一時金にはまるで関係がないかのような答弁です。

この間の人員不足の問題や様々な要因についての考慮が無く、供給高の結果だけしかみない乱暴な回答であると指摘。

配送現場では代走で何とか支所を回しているのが実態なのに、もう少し何とかならないかという声にも客観的な数字でしか判断できないと回答。お金をかけて採用も強めていると。

関西の生協中でも供給計画の達成率を掛けているところは無く、わかやまだけが浮いています。

昼休みの問題について

「休憩は取得できています」という回答に対し、現場からは失笑と怒りが噴出していると指摘。理事者はイレギュラーがなければ取れるという答弁でした。

また所属長から聞き取りを行って回答しているということが分かりました。

イレギュラーが常態化しているのではないか、何とか改善をという声に対し、現場ではコースメンテをして早く戻ってくる人もいる、まだまだ改善できる、コースメンテは現場の担当者が日常的にする問題だと答弁が。

それができていないから今の状況があるにも関わらず、具体的な解決策を見いだせないままの状態です。

イレギュラーなのですぐ改善できるとの答弁も。イレギュラーが頻発しているかしていないか、二つに一つなのでどちらなのか聞いたところ、所長に再度確認するとの答弁が。

契約時間の問題について

昨年は契約時間を伸ばしたいというエリアスタッフはいなかったということでしたが、所長から契約時間を伸ばしたいかどうか聞かれたことがないという人もいることを指摘。

メンバーが変わっている可能性もあるが、去年聞いたらいなかったと答弁。

3か月以上、一カ月80時間から120時間働いている人がたくさんいる、昨年は掛け損になると言われて辞退した人もいると指摘。

該当者に説明はしているというが、再度支所でどのような話が支所長から行われているのか確認するようになりました。

次回11月27日(木)の大衆団交には現場からのたくさんの声を

次回団交は11月27日木曜日です。

率直に言って、やはり執行部の代弁だけでは理事者に伝わりにくいものです。

できるだけ多くの仲間の参加で、大衆団交を成功させましょう。次回団交には全員参加で臨みましょう。

14秋闘第2回大衆団交

・2014年11月27日(木)19:30集合

・本部2F組合員ホール

・軽食あり、交通費支給

スト権を確立!

11月21日に開票作業が行われ、以下のように労組員の過半数でスト権が確立しました。

・対象者    259名

・投票数    166票

・賛成        141票

・反対        19票

・無効        6票

・絶対賛成率    54.4%

労働組合書記局からのお願い

013

(1)労組員名簿の作成

労組員名簿の作成を行いたいと思います。今後、メール等で情報を提供していきます。各分会に専用の用紙をお届けしますので、ご記入をお願いします。取り扱いはプライバシーポリシーに基づき、厳重に行います。

(2)分会ごとにニュースの記者を

各分会からの情報提供を行いたいと思います。記者として情報をお寄せ下さる方を募集します。詳しくは書記局まで。

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする