オレンジコープ労組解雇撤回闘争 地位確認・損害賠償請求裁判勝利和解!!

DSC03169.jpg

オレンジコープ労組解雇撤回闘争 地位確認・損害賠償請求裁判勝利和解!!

ご支援ありがとうございました。

「生協のなかまかんさい 2015/2/6発行 2014年度速報№18」より転載

2011年秋に雇用不安や残業代不払いなどで勇気を持って配送担当者6人で労働組合を結成し、生協労連や阪南地区協とともに団体交渉をおこなってきましたが泉南生協(オレンジコープ)は労働組合を嫌悪し、翌年2012年6月末をもって全員を指名解雇しました。

支援共闘会議も立ち上げ、2年7ヶ月におよぶ厳しいたたかいをおこなってきました。この間、地裁岸和田支部での保全仮処分申請では2013年4月10日勝利命令を得て収入の面で不安なくたたかうことができました。

また、2014年4月17日には未払い賃金(残業手当)でも勝利和解を勝ち取りました。そして2014年5月29日には、大阪府労働委員会への不当労働行為救済申し立てにおいても勝利命令を得ることができました。

たたかいは、中央労働委員会と地裁堺支部での地位確認・損害賠償裁判に移りましたが、2014年11月20日に堺支部で結審に至り、2015年2月5日に裁判所より全面的な勝利和解案が提示され、オレンジコープ労組・関西地連と泉南生協は裁判所の和解案を双方ともに受け入れました。

原告5人の内、2人が泉南生協へ職場復帰、他の3人は希望通り金銭和解に至りました。関西地連も損害賠償請求に対し解決金支払いで合意しました。

復職日は4月1日と定め、それまでに団体交渉で復帰場所や条件を詰めていきます。復帰してからもたたかいは継続されます。これからが本当のたたかいです。生協労連の旗をオレンジコープに残し広めて行くたたかいをオレンジの仲間とともにすすめていきましょう!

長年のたたかいを物心両面で支えて頂いた関西地連、全国の皆さまに感謝いたします。本当にありがとうございました。


地位保全仮処分請求裁判(大阪地裁岸和田支部)団体639筆、個人25,051筆

大阪府労働委員会(不当労働行為救済申し立て)団体426筆、個人27,416筆

地位確認・損害賠償裁判(大阪地裁堺支部)団体1,461筆+α個人30,540筆+α

中央労働委員会団体1,308筆+α個人26,301筆+α

タオル販売3,249本販売

支援共闘会議加入(累計)団体76個人280人


2015/2/6発行 2014年度速報№18

発行:生協労連関西地方連合会

[書記局]〒543-0055

大阪市天王寺区悲田院町8-12

国労南近畿会館2F

Tel06-6779-5441・Fax06-6779-5350

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする