2016年4月25日付書記局ニュースNo.15「4・12春闘第2回全員団交に25名」

IMG_5348

4・12春闘第2回全員団交に25名

パートの基本時給

せめて最賃に合わせてほしい

16春闘 欠員で大変な現場を見るべき

16春闘の2回目となる団体交渉が12日に本部で開催、25名が参加しました。現状の賃金制度では採用も進まず、人事制度上の矛盾が広がる点を指摘しました。

回答趣旨説明

冒頭の専務による回答趣旨説明は、ほぼ前回と同じ内容で「世帯利用は商品単価の値上げで上がった。しかし課題推進力が低下している」というものでした。

委員長からは「処遇が改善されず、退職者も減らない中、掛け声だけでは事業は浮上しない」「基本時給が最賃に逆転されて2年半。放置できない状況」「シニアやアルバイトに交通費が出ない合理的理由がない。差別ではないか」「最近は一方で非正規の賃上げが起こっている情勢だ」と返答。

支所の声

「契約時間は週20時間未満だが、実際は20時間以上働いている」

「希望する契約時間にしてほしい」「時給と仕事が見合っていない」といった声が。

物流の声

「人事制度導入後1円も上がっていない」

「シニア・アルバイトは同じ仕事で交通費もなし」

「後周りの欠員はやめてほしい。非連動とピックが手伝い、何とか回している」

「休みが出たら補充や名寄せを減らされたり、2ゾーンを一人でピックしている」

「みんな一生懸命頑張っている」といった声が。

不誠実答弁は、もういいかげんにしてほしい

このような声に対し理事者は「最初に、その契約内容で話をして仕事してもらっている」という答弁を繰り返しました。

しかし、これは「交渉する必要はない」というのと同義であり、不誠実答弁・交渉そのものです。

契約内容で納得しているはずだというのは、労働者の要求と労働組合の存在を軽視していることと同じです。

しかも、二度とこのような答弁はしないという約束すらできないのですから、もういいかげんに社会的にも恥ずかしい不誠実答弁・交渉はやめてほしいものです。

せめて最低賃金に合わせた時給への改善を

労働組合は現行の賃金制度では採用が進まないとして真っ向から対立。

せめて最低賃金未満の基本給を引き上げて変更すべきではないか、調整給で支払うのはおかしいと主張。

理事者は、「給料は上がっているから」「法に則って支払っている」「仲間づくりなどの課題が進んでいない」「給料が高ければ人が辞めないというわけではない」と回答になっていませんでした。(裏面へ続く)

2016年4月8日(金)、スト権投票の開票作業の結果、全課題で賛成率過半数のため、労働組合法第5条2項8号、労働組合規約第23条に基づきストライキ権が成立しました。

対象件数(I) 投票件数(A) 有効投票数(B) 無効投票数(C) 全体投票率

(D)=(A)/(I)×100

有効投票率

(E)=(B)/(I)×100

210 163 154 9 77.6% 73.3%

 

賛成(○) 反対(×) 絶対賛成率

(F)=(○)/(I)×100

相対賛成率

(G)=(○)/(B)×100

①賃金 143 11 68.1% 92.9%
②労働条件 141 13 67.1% 91.6%
③国民的課題 134 20 63.8% 87.0%

4月29日(金)は大衆団交へ

とき:4月29日(金)19:30集合

ところ:わかやま市民生協本部

団交終了後、16春闘のストライキ配置を含めた今後のすすめ方の話をします。

全労組員の参加をお願いします。

生協労連共済のご案内

小学校に入学したら3千円

忘れていませんか慶弔見舞の申請

わかやま市民生協労働組合は、生協労連共済に加入しています(左図)

お祝い金

結婚 本人が結婚した時 20,000円
出産 本人および配偶者が出産した時 8,000円
小学校入学 子供が小学校に入学した時 3,000円

死亡弔慰金

本人が死亡した時 30,000円
配偶者が死亡した時 20,000円
子供が死亡した時 10,000円
本人および配偶者の両親が死亡した時 5,000円

住宅災害見舞金

火災等
全焼損 100,000円
半焼損 90,000円
一部焼損 30,000円
自然災害等
全壊・流失 30,000円
半壊 15,000円
一部壊 3,000円
床上浸水 3,000円

休業見舞金

休業14日以上 3,000円
休業30日以上 5,000円
休業90日以上 10,000円

餞別金

退職 本人がこの共済に加入してから3年以上経過してから退職により脱退した時 5,000円

正規・パートみんなの労組費から掛け金を支払っていますので、支給対象者は申請をしないともったいないですよ!

結婚2万円、出産8千円、子供の小学校入学で3千円など、わずかばかりかもしれませんが、仲間からの気持ちを受け取ってくださいね。

団交参加者の感想

(1面からの続き)

Aさん

いつもと同じような回答で、ヌカに釘。辞めていった人から口コミで「あそこはああやったで」ということが言われているのを理事者は分かっているのかなと思う。

Bさん

何か脱力感だけが・・・。

Cさん

確かに課題もやれてないのかもしれないが、そのような状況になっていないのでは。人がいない。パート所長も大変で、勤務時間で終われない。

Dさん

パートの賃金の話なのに(配送)パート労組員がもっと来てもらわないと話にならない。今の時給でいいよと言うのならいいかとも思うが、あかんと思う人ばっかりだと思う。あきらめている状態からどうやってきてもらうか。

Eさん

パートもそうやし、フルタイムもそう。もっとみんな団結しないと。もっといっぱいいるはず。

Fさん

交渉でしょう?答えが決まっているから来ないのかな?交渉が始まる時も寂しかった。

あきらめているんやろなと感じている。そんな中でお金を引っ張ろうというのは中々難しい。

5年10年前と比べて、のべ人数と供給高の割合を比較してどうなのか。明らかに人が減っているじゃないですか。その中で供給を出していると考えたら、賃金が変わってないから賃下げみたいなもの。

労働日を減らすか賃金を上げるかしてほしい。

県地評からKさん

交渉は言い負かしても、結果的に労働諸条件が改善しないとそれで終わり。

生協組合員さんに迷惑をかけることはできないとみんな思っているが、それじゃ勝ち取れない。最賃に関して、調整給で支払うのは就業規上問題になるのではないか。

Gさん

加入が上がらないのは人がいないからでは。

代走のところがたくさんあると組合員さんにも迷惑がかかっているから。

朝のパートさんが昼も配送して、フルで配送している。

Hさん

店舗。人が辞めたあとも誰かが入ってくる訳でもなく、いる人で回している。

仕事量も増え、残業になる。1月2月が残業時間が多く、103万円を超えてしまう。

Iさん

新人が研修で店に来た。自分で作ったものが店で並んでいたのを見て感動していた。その気持ちを忘れずに頑張ってほしいなと思った。

Jさん

昼から人がいなくて回っていないので厳しい。

ストライキの基本について学習を

店舗分会ではパワーポイントを使っての学習も

今年の春闘は、今まで経験したことのない全員ストを構えてたたかいます。

そのため、ストライキとは何か学習するとともに、ストの決行や回避をすぐに連絡できるよう、連絡網を含めた全労組員の連絡先を確認しています。ぜひご協力ください。

ストライキは憲法で保障された勤労者・国民の権利

日本国憲法第28条で、勤労者の団結権・団体交渉権・団体行動権の労働3権が明記されています。ストライキは団体行動権の中の争議権に当たります。

ストを行ったことで、私たちは民事上も刑事上も罪に問われることはありません。(労働組合法第8条)

詳しくは学習資料を読みましょう!

5月1日はメーデー&新人歓迎会

別紙で案内しているように、5月1日(日)はメーデーと新人歓迎会を予定しています。

誘い合ってぜひ参加しよう!いっしょに楽しもう!

◆メーデー

・とき:10:00~

・ところ:和歌山城西の丸広場

◆新人歓迎会

・とき:13:00~

・ところ:和歌山市勤労者総合センター(西汀丁34)

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする