2016年5月9日付書記局ニュースNo.16表「中央委員会でストライキ配置確認」

160429

4・29大衆団交に57名

岩出中央店

知人を誘うにも時給が低い

現場からの発言

岩出中央店からはパート2名が発言しました。

「人員不足でアクシデントがあれば成り立っていかない。何とぞ人員不足のことを考えてください」

「人手不足のため毎日残業がつづいています。求人をしても、知人を誘うにも、賃金が低いので時給の高いところに行ってしまう。何とかしてください。平日の時間給をぜひ上げてほしい。よろしくお願いします」

支所からも発言

「和歌山県の最低賃金が731円になり、その額で働く人もいます。以前はみんな最低賃金以上で働いていたと聞いています。生協で働く価値は最低賃金並みでは無いはず。採用も進むどころか減るばかり。時給のアップをお願いします」

「契約時間は20時間未満なのに、実際は週20時間を超えて働いています。しかし雇用保険もなし、健康診断も受けさせてもらえない。契約時間は本人の希望を聞いて。時給と仕事内容が合っていないのでという声も分会にあります。」

契約時間の変更は所長に相談して

対象者には個別に話をしている

契約時間の問題について理事者は「対象となる人については個別に話をさせて頂いて、意思を確認した上で進める」との答弁でした。

契約時間を変更したい方は、所長と相談を。

5月23日(月)にストライキ配置

中央委員会開催

団交終了後、中央委員会を開催。定数15名全員が参加しました。

最初に執行部より以下の提案がありました。

① 5月23日(月)全労組員による終日ストライキの配置。

② ストライキのお知らせを生協組合員さんに行う。5月16日(月)~5月22日(日)。

③ もう一回団体交渉を5月16日(月)~5月20日(金)の週で行う。

というものです。このうち、②と③は理事者の回答次第でどうなるかは未定です。また、5月23日は、ストの「配置」であって、「実施」ではありません。

各職場の中央委員は、ストに賛成の方から反対の方まで様々な意見や質問が出されました。

出された質問

(中略)

出された意見

(中略)

採決は賛成多数で確認

採決の結果、賛成9人、保留2人、反対4人で提案が確認されました。

そして、最終判断の基本は中央委員会ですが、団体交渉の参加等の状況によっては、執行部に一任してくださいという提案があり、確認されました。

真剣に伝えていこう

回答を動かすためには我々の真剣な思いをしっかりとつたえよう、そして少しでも良い職場に変えていこうと意思統一しました。

 

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする