2016年夏の平和関連情報

160614

北朝鮮や中国にどのように対応すべきか

講演会

━ 「脅威論」と「抑止力」のウソを暴く ━

講師 川田 忠明 氏

1959年生まれ。東京大学経済学部卒。世界40か国以上を訪れ、各国の平和団体などと交流。日本平和委員会常任理事、原水爆禁止日本協議会全国担当常任理事、日本平和学会会員。

日時:6月14日(火)18:30

会場:プラザホープ2F多目的室

参加料:無料

※同日、同会場で18:00より原水爆禁止和歌山市協議会定期総会を開催します。

現実をリアルにみて対応

…中国は、いま日本の経済の不可欠なパートナーです。それは、中国でも同じことです。中国との武力衝突が起こると致命的で勝者がいないのが日中関係の現実との認識が必要です。

…北朝鮮への対応の基本認識は、朝鮮半島で戦争(非平和的な政権の崩壊も含む)が起きたら日本と中国にとっては、明日がないということです。北朝鮮で戦争が起こらないように爆発する前に、爆発させないための対話のチャンネルをつかまえることです。

(平和運動誌 2016年1月号「戦争法廃止の展望と課題」より)

主催:和歌山市原水爆禁止協議会・和歌山県平和委員会

住所:和歌山市湊通丁南1-1-3名城ビル2F

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする