2017年9月4日付書記局ニュースNo.01「第31回定期大会開催・全議案可決」

第31回定期大会開催・全議案可決

新人も多数参加で コープ中之島店パート分会初参加

わかやま市民生協労働組合の第31回定期大会が8月25日金曜日、本部2階ホールにて行われ、代議員定数45名中、実出席35名、委任出席5名の計40名の参加でした。

オブザーバーも8名と多く、執行部も含めると当日は51名の人数で成功しました。大会に参加された皆様、本当にご苦労様でした。

執行委員長あいさつ

 

労働組合の可能性について話を。労組が発足した30年前は晩の9時から会議が始まったり、残業申請カードによる申請制、その前はみなし残業手当の1万円だけの時もありました。

パート職員の日祝手当150円もパート労組で勝ち取りました。これを引き下げようとされた時に労組で阻止しました。

もし労組が無かったら簡単に下げられてしまいます。組合がないと経営者の意の向くままになるのが一般的です。

中之島店オープンで労組員は300名を超えました。これは大きな力。この力を本当に発揮できるかはこれからにかかっています。

パート専従を配置しましたが、専従だけでは何も変わりません。主役は皆さんです。今後の可能性を信じて活動に参加していただきたいと思います

和歌山県地評議長あいさつ

安倍政権の森友、加計問題。政治の私物化がひどくなっています。

また、憲法を変えると言っています。特に憲法9条の1項で戦争の放棄、2項で戦力の不保持、交戦権の否認。この後に自衛隊を位置づけると言うんです。

法律の世界では後から作った法律が優先するという原理があるそうです。

自衛隊をここに書き込むと、戦争をしないとか交戦権は認めないということは関係なくなってしまいます。

災害救助をしてくれる自衛隊はすばらしいと思いますが、アメリカと一緒に海外で戦争をするのは大変なこと。

平和というのは空気みたいに感じていますが、これを何としても守らないといけないのではないかと思います。

県地評も明日が大会ですが、憲法を守る運動をみんなで思い切って広げていこうと提案していきます。

和歌山地区労議長あいさつ

10月1日から、和歌山県の最低賃金が753円から777円に24円上がるはずです。

大阪は990円で和歌山との差は132円に。最賃は全国一律がいいと思います。

高校生の時にアルバイトをしていましたが、時給350円でした。

最賃法が無かったからですが、なぜ今700円以上になっているのか、労働組合が要求してきたからです。

一人暮らしの人が生活するには時給1500円が必要と言われいます。賃金は我々が生活するための費用だから、賃上げは当然の要求です。

地区労と学習協で労働学校を開催します。ぜひ参加していただけたらと思います。

当面の日程

・9月7日(木) 執行委員会

・9月10日(日)~22日(金)

一斉分会(アンケート記入・分会体制づくり)

秋闘の要求書づくりに向けて、分会での要求論議を強めましょう!

分会からの発言

発言する代議員

執行部より議案の提案を行ったあと、会計監査報告に続き、分会発言が行われました。全部で12分会20人の発言がありました。(発言要旨)

本部正規・パート

・今のところ時間通りに帰れている。

・本部では、職員は皆さん代走で出かけているので、パートは4人だけで、派遣がたくさん。そんな状態。

・マネージャーが2~3人残っていて、あとはほとんど派遣。経理や総務は派遣が増加。

・商品は午後に誰もいなくなるが、人を入れてもらえない。

組合員サービスセンター

・電話の件数自体は変わっていないが、厳しい内容の電話が増えている。

・最近は年配の男性の方が多く、心がへこむようなことを言われる。

・支所の皆さんの力になれるように日々がんばっている。

・パートの人数は減っていて、派遣の方が活躍されている。

営業

・今は支所で配送をして、総代さんを探したりしている。

・営業のメンバーで御坊と田辺を行ったり来たりしている人がいるので、そこは何とかしてあげないといけないなと思う。すべては人員不足。採用を。

支所(宅配)

・他から応援に来てもらって回している状況。パート職員も辞めてから入って来ない。

・代走コースで毎週人が変わると伝言が伝わらない時もあり、組合員さんに迷惑が。

・代走コースは総代さんを探すのも大変。

・早く帰るようになったのはいいことだが、やりたいこともできない時もある。

・入ったばかりで仕事を覚えるので精一杯。

・午後からのパート職員が3人欠員。他からの応援はなく、午前の人で回している。

・総代探しも木曜日までにと急に言われ、大変だった。

物流正規・パート

・人手不足。この間も入って2か月で辞めた。

・2階は暑く、扇風機はあるが部屋全体が暑いので大変。

・契約時間は9時から3時半だが、毎日6時近くになる。めったにないが7時近くになる時も。へとへとです。

・生鮮も人手不足で定時で帰ったことはほとんどない。

・去年の11月から今年の8月にかけて3分の1ほど辞められたと。

・退職した人に応援を頼むほど深刻な状況。賃金を上げて人手不足解消を。

・シニアスタッフ、アルバイト、退職した人にも応援に来てもらい、みんなで協力して頑張っている。

・正規は人の配置を担当することに。

・募集をかけても新規の人が来ない。一度退職した人にも声をかけてきてもらっているが、必要な人数には程遠い。

・商品の入れミスもあるみたいだが、昔と違って一人何役もこなしているのが現状。可能な限りベストをつくしてもらっているのを理解してもらえたら。

店舗正規

・今年入協。他の部門と比べたらまだ早いが、定時で帰れることは少ない。

・もっと手際が良くなれば早くなると思うが、定時までに全部、明日の準備も終わらせて帰るのが難しい状態。

・人手が足りないと思う。人がいたらもっと細かいところまでしっかり見ることができるだろうし、一人当たりの負担も減るはず。

・入って7日目でシフトを組めと言われたり、大変。

・正規のいない畜産部門は重たい食材を運ばないといけないので正規で交代で手伝う。昼休みも十分取りにくい状態が。

岩出中央店・中之島店パート

・ちょっとずつ人が入って来ている部門。でも、もう少し入ってくれたらという声も。

・オープンして1ヵ月ですが、岩出の皆さんの力を借りてやっているところ。

・現状はやはり人材不足。更衣室でも休憩室でも、正規も含め愚痴が多く、活気が少ないように感じる。

討論のまとめ

・仲間を増やして協力の輪が広がらないと協同組合、労働組合と言えないと思う。

・人を増やしたいし、辞めても欲しくない。「こんな職場はいいわ」と思っている職場は良くならない。

・早く帰れる職場もある一方で、11時間働いて帰ってもまだ早い方だという職場が。改善しないといけない。

・分会で話をすることを通じて要求を作り、形にしてぶつけていく。地道な繰り返ししかない。

・これから職場で具体化をしていこう。

採決の結果について

第6号議案までの全議案が全会一致で可決されました。

役員選挙の結果について

対象者306名、投票数228、有効投票数204で、過半数を超える信任投票により、執行委員12名、会計監査2名全員が信任されました。

規約改正について

規約の改正は全員投票で行います。早急に投票を済ませて、書記局まで。

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする