要求書のアーカイブ

保護中: 2016年11月7日付書記局ニュースNo.20「年末一時金・昨年下回る回答」

年末一時金・昨年下回る回答。 上期供給計画達成率97.2%を一時金予算にかける。 労働者にすべて責任押し付け。 16秋闘要求の全国一斉回答指定日である11月4日、理事者は労組に回答を提出、一時金は昨年実績を約0.03ヶ月も下回るパート1.048ヶ月、正規1.064ヶ月という低額回答でした。

保護中: 2016年1月18日付書記局ニュースNo.09「無給のまま半年以上放置に反省なし」

2015年12月22日火曜日、第3回目になる退職強要問題の団体交渉が、和歌山県地評、生協労連関西地連とともに16名の参加で行われました。今回、職場復帰を認められていないSさんの問題が主に取り合げられ、3回目となるにも関わらず、理事者は復帰を認めませんでした。

保護中: 2015年11月15日付書記局ニュースNo.07「退職強要は無いと強弁 面談内容に触れず」

2015年10月22日、2回目となる退職強要問題での団体交渉が本部にて行われ、わかやま市民生協労働組合からは執行委員を含む13名、和歌山県地方労働組合評議会(県地評)から5名、和歌山地区労働組合協議会から1名、生協労連関西地連から3名の計22名の参加がありました。