春闘のアーカイブ

貴理事会の最低賃金への対応に関する労組見解

和歌山県は2013年10月にその最低賃金を701円に、翌2014年には715円に改訂しました。この間、貴理事会はパートの最低賃金を700円に据え置いたままで、団体交渉などの場では労組からの再三の指摘にもかかわらず、「日祝時間給をふくめて県の最低賃金は上回っている、下回る場合のみ差額を支給する」という態度に終始しました。2014年12月労働基準監督署から指導があり、2015年1月是正の支給がおこなわれました。

保護中: 2014年5月7日付書記局ニュースNo.24「物流の暑さ対策は扇風機?!」

3つの案を検討した結果が「扇風機」に皆ビックリ 14春闘最後の団体交渉が29日行われました。 再検討の結果、残念ながらお金に関して上積みはなく、また労働諸条件の面でも誠意ある回答はありませんでした。 一方、新ライン稼働後の物流センターでの暑さ対策は、スポットクーラー、冷風扇などではなく扇風機という予想外の回答でした。