回答のアーカイブ

2016年11月7日付書記局ニュースNo.20「年末一時金・昨年下回る回答」

年末一時金・昨年下回る回答。 上期供給計画達成率97.2%を一時金予算にかける。 労働者にすべて責任押し付け。 16秋闘要求の全国一斉回答指定日である11月4日、理事者は労組に回答を提出、一時金は昨年実績を約0.03ヶ月も下回るパート1.048ヶ月、正規1.064ヶ月という低額回答でした。

2016年5月23日付書記局ニュースNo.17「パート人事制度は見直す考え」

スト配置後5月11日・16日2回交渉ストライキ背景・春闘に一石を投じるわかやま市民生協労働組合は5月3日、ストライキ配置を理事者に通告、理事者はこれを受け、申し入れよりも前倒しの5月11日(水)に団体交渉を設定しました。

2016年4月4日付書記局ニュースNo.14「3・29春闘第1回代表団交開催」

3・29春闘第1回代表団交開催最賃以下の基本時給で採用が進むのか採用人数毎年減少・1年間の退職割合60%16春闘の第1回目となる代表団交が3月29日火曜日に本部にて行われ、執行部含めて9名の労働者が参加、回答を前進させるために奮闘しました。

2016年1月25日付書記局ニュースNo.10「長期休職者に懲戒解雇」

長期休職者に懲戒解雇 解雇権の濫用ではないのか 昨年12月 懲戒解雇通知が郵送で突然届く 昨年末の2015年12月23日、うつ病で長期休業中の営業分会Tさん宅に、わかやま市民生協から懲戒解雇の処分を記載した「処分通知書」が、内容証明郵便で送られてきました。