今後の予定のアーカイブ

2016年4月4日付書記局ニュースNo.14「3・29春闘第1回代表団交開催」

3・29春闘第1回代表団交開催最賃以下の基本時給で採用が進むのか採用人数毎年減少・1年間の退職割合60%16春闘の第1回目となる代表団交が3月29日火曜日に本部にて行われ、執行部含めて9名の労働者が参加、回答を前進させるために奮闘しました。

わかやま市民生協 Sさんの人権侵害を許さず職場復帰を支援する会 結成総会のご案内

血圧も安定し主治医から出勤可能の診断書が出たため4月末に復帰し、短いコースの配送業務を担当しフルタイムで働き始めました. ところが2日間働いた時点で上司より理由の説明もなく「明日から出勤しないでほしい」と言われ就業できなくりました。管理職との面談では、「フル配送(週9コマの配送)ができないら雇用契約は結べない(退職しろの意味)」「なぜ配慮しなければいけないのか、どこまで生協に甘えるのか」「身体障害者としてパートとして雇いなおすなら考える」(退職してパートとしてなら雇用する)などと、退職を強要されました。