2015年07月のアーカイブ

保護中: 2015年7月20日付書記局ニュースNo.21「退職強要をただちに中止せよ!」

この間、正規労組員2名に対し、病気による休職を認めなかったり、あるいは医師から復職可能と診断をされているにもかかわらず、復職させないという問題が起こっています。いずれも、今のままではあなたに仕事は無い、働けないと解雇になる、どうするのか等の退職勧奨が執拗に行われ、自己都合退職以外に道が無いような面談が行われています。これは退職勧奨を通り越して退職強要(ことば参照)になると考えます。

「安全保障関連法案に反対する労理共闘の申し入れ」を理事者に提出しました。

わかやま市民生協とわかやま市民生協労働組合の連名で戦争法案反対の共同声明を作成し、内外にアピールする。 わかやま市民生協の職員・生協組合員を対象に署名活動を行う。 「7・12和歌山大集会&バレード」への職員への参加呼びかけを行う。 その他可能な活動。