2015年3月2日付書記局ニュースNo.14「15春闘要求趣旨を説明」

026

15春闘要求趣旨を説明

窓口協議

2月23日要求書提出

2015年2月23日、労働組合からは委員長、副委員長、書記次長と理事者側からは部長、マネージャーで窓口協議が行われ、労組側から今春闘要求の趣旨説明と、文書で回答する際に気を付けるべき点を指摘しました。

冒頭、委員長からは、「すべての職場で本当に人が足りない。危機感を持っている。募集しても人が集まらない。課題の推進など色んなところで余波がきている」「最低賃金の問題は色んなところから指摘もされており、良くない問題だと認識している。目指すところは誰がどこで働いても最低時給1000円だが、春闘の前に解決すべき」「賃金も上げ、人も充足させて新年度いいスタートをしたい」と要求しました。

事前の要求説明団交を申し入れ

続いて事前交渉について説明を行いました。「回答書をもらうまでに団交をしてほしい。他の生協ではそういうのをやっている。どこの労組も限られた交渉時間の中で話を伝え、一次回答でしっかり内容について回答していただくために行う。『要求の意味が分からない』という答弁が無いように説明も十分にしたい。」と趣旨を説明しました。

賃上げ要求額

2万円の賃上げは全労連の方針。物価上昇率、消費税増税、インフレが続いている状況の中で、少なくともこれだけは必要。自分たちのアンケート結果もほぼ同様の金額の要求が。整合性がある。

パートの一時金の上乗せと仕事の内容

エリアスタッフだけでなく、本部のパート職員についても、今まで正規の仕事だったような高度な仕事内容にシフトしてきている。格差をつけずに一律で上乗せしてほしい。

エリアスタッフの配送手当廃止・時給組み込み

コースメンテをして供給が減ってしまうと賃金が下がってしまうという矛盾が。メンテナンスの足かせになっている。担当手当を無くして賃金に組み込んでほしいという声が。代走の時は計算もされていない。賃下げにならないように時給に組み込む方法を考えてほしい。

正規の指定休

指定休取得の締日は3月15日なのか3月末日なのか確認を。指定休の計画もあったのかどうか。計画通りに取らせていたら年度末になってあわてるようなことは無かったのではないか。急に「明日指定休で」とか言われている。

人員不足

物流では人手不足の時期は毎年分かっている。そうならないように対策をしてほしい。また、直雇用を増やしてほしい。本来正規の仕事は正規だが、人が足りないからパートでというのであれば、それに見合った処遇に見直してほしい。派遣労働は不安定な働き方なので直雇用に。

固定代走の意味の誤解

契約時間外の労働が固定化している問題を解決してほしいのに、固定の配送コースを変えて別コースにすれば問題が解決すると誤解している事業所があるようなので、確認を。

無給の特休を

103万問題などで、やむなく欠勤扱いで休んでいるが、出勤率が下がって色々影響する。本来、人員不足がなければ発生しない問題。何とか無給の特別休暇を。

有期から無期雇用へ

有期から無期へはいずれ法律上しないといけないこと。それをするにあたってお金は掛からない。人手の確保という意味でも、人を大切にするというイメージにもつながることで採用時のアピールポイントにもなる。

シニア・アルバイトの通勤交通費を

同じ仕事をして年を取ったら交通費がでないのはおかしいという話を各方面から言われる。これは差別だとも言える内容であり、(法律上からも問題となるので)改善を。

健康診断をしていない

今年度はまだできていないのではないか。早急に実施を。

配送からの帰所時間

今は帰所時間設定が無いので契約時間どおりに終われない。他生協では配送班数などに上限がある。昼休憩の確保においても問題。何もなしは良くないのではないか。「設けることは考えません」という回答ではなく、一定の基準を考えてほしい。

配送コースメンテナンスの時間確保を

大がかりなメンテナンスには時間がかかる。時間を確保できなくてとん挫してきた。その結果効率の悪い配送コースが増えた。いい仕事をしたいという目的で要求している。

他生協との競合

今、他生協との競合で現場では危機感を持っている。宅配手数料等、考える必要があるのではないか。

事業所に鍵をかけて全員が配送

何かあったときに対応できる人間がいないのは問題。フードディフェンスや事故対応など緊急事態に後手にまわってしまう。

人事制度の情報公開

労働者の賃金がどうなっているのか労働組合として知りたい。不確かな情報だけしかない。今のままではよく分からない。単なるプライバシーの問題ではない。

2015年度第1回労働組合女性部交流会開催

初めて労働組合女性部が全員で交流しました。

2015年2月26日(木)にMさんが産休に入る前にお祝いと激励も兼ねて女性部5名がちゃんぽん屋に集まりました。Fさん(御坊分会)、Mさん(本部正規分会)、N峰さん(岩出中央店正規分会)、Sさん(湯浅分会)、Yさん(本部正規分会)です。

「赤ちゃんは男か女かもう聞いた?」「いつ生まれるの?」「楽しみだね!」「早く戻って来て!」などMさんへのお祝いと激励の言葉が来る人来る人から寄せられました。

また今の自分の職場の話や結婚・出産についてのおしゃべりも尽きませんでした。

どの職場も人が足りなくて大変だと大変さの比べ合いみたいにもなりました。

その中で女性が働きやすく、長続きできる職場であってほしいとまとまりました。

スキーなんかも行きたいねという声も出ました。

今年はFさんが部長としてこれからも相談・交流しながら頑張っていきます。

今後の日程

・3月8日(日)10:00~ 原発ゼロ和歌山アクションin和歌山城西ノ丸

・3月11日(水)回答指定日

・3月12日(木)春闘統一行動日

・3月21日(土)16:00~ NPT再検討会議代表団結団式 和歌山市教育会館

・3月29日(日)12:00~ 自動車パレードin築港

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする