2016年11月7日付書記局ニュースNo.20「年末一時金・昨年下回る回答」

161107

年末一時金・昨年下回る回答

上期供給計画達成率97.2%を一時金予算にかける

労働者にすべて責任押し付け

回答 要求 昨年
パート 1.048ヶ月  1.88ヶ月 1.078ヶ月
正規 1.064ヶ月 2.07ヶ月 1.095ヶ月

16秋闘要求の全国一斉回答指定日である11月4日、理事者は労組に回答を提出、一時金は昨年実績を約0.03ヶ月も下回るパート1.048ヶ月、正規1.064ヶ月という低額回答でした。

関西の中でも最低の回答

ほぼ回答が出そろいましたが、関西の他生協では昨年と同じか若干のアップがあるところがほとんどです(表)。ここ数年、ただでさえ低い一時金の予算に、さらに供給計画の達成率を掛けるという労働者にのみ責任を負わせるような回答を行っています。全国ではほとんど見られない回答姿勢です。

欠員が改善されないのはなぜ?それこそが経営責任

現在、ほとんどの職場で過去最高の欠員状態です。

■宅配 本部のマネージャクラスも配送せざるを得ず、本来の自分の仕事は配送終了後に行っています。

エリアスタッフは半日契約なのに午前・午後と1日の配送をせざるを得ない状態が何年も続いています。

担当者不在のコースは代走につぐ代走で、課題も思うように進みにくくなっています。

■店舗 欠員のため長時間労働に。

■物流 1人で1.5~2人分のゾーンを受け持ったり、退職者を臨時のアルバイトで雇って回しています。

一斉分会と団体交渉を

今回は17日が最大結集の全員団体交渉を予定しています。何があっても駆けつけましょう!職場でお互いに声かけして、必ず誰かが参加するようにしましょう!

団体交渉などの日程

11月6日(日)~16日(水)    一斉分会

11月17日(木)19:30~     16秋闘第1回団体交渉

11月29日(火)19:30~    16秋闘第2回団体交渉&中央委員会

(注)団体交渉は必ず全職場から参加を!発言も用意しよう!

関西地連の2016秋闘回答(大学除く)

パート 回答 要求 昨年実績 昨年実績(プラスアルファ) 月数昨年対比(プラスアルファ除く)
とやま 0.50 1.50 0.70 ↓マイナス0.2ヶ月
いしかわ 0.40 1.20 0.30 ↑プラス0.1ヶ月
しが 0.55 3.00 0.55 プラス10,000円 →変わらず
京都 0.8 3.00 0.80 →変わらず
なら 0.60 0.60 プラス商品券2,000円 →変わらず
よどがわ 1.44 2.50 1.43 ↑プラス0.01ヶ月
パルコープ 0.5 2.50 0.50 プラス20,000円 →変わらず
いずみ 0.9 3.00 1.00 プラス5,000円 ↓マイナス0.1ヶ月
わかやま 1.048 1.88 1.078 ↓マイナス0.03ヶ月

 

正規 回答 要求 昨年実績 昨年実績(プラスアルファ) 月数昨年対比(プラスアルファ除く)
とやま  0.5 1.5 0.7 ↓マイナス0.2ヶ月
いしかわ 1.9 2.3 1.8 ↑プラス0.1ヶ月
しが 2.2 3.0 2.25 プラス20,000円 ↓マイナス0.05ヶ月
京都 1.6 3.0 1.6 →変わらず
なら 1.83 2.4 1.77 商品券2,000円 ↑プラス0.06ヶ月
よどがわ 2.04 2.5 2.02  ↑プラス0.02ヶ月
パルコープ 2.017 2.5 2.017 プラス20,000円 →変わらず
いずみ 2.2 3.0 2.2 プラス10,000円 →変わらず
わかやま 1.064 2.07 1.095 ↓マイナス0.031ヶ月

 

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする