全労連が共謀罪創設法案閣議決定に抗議

全労連が共謀罪創設法案閣議決定に抗議

2017年3月21日、全国労働組合総連合(全労連)は「『共謀罪』創設法案閣議決定に強く抗議する」という談話を発表。閣議決定に抗議しました。

以下はその全文です。


【談話】戦争への道開く「共謀罪」創設法案閣議決定に強く抗議する

2017年3月21日

全国労働組合総連合

事務局次長 橋口紀塩

安倍内閣は、本日、犯罪を実行していないのに計画や相談した段階で処罰する「共謀罪」を創設する法案を閣議決定した。

「共謀罪」創設法案は、思想・内心の自由や表現の自由を奪う違憲立法として、過去3度も廃案になったものである。

憲法を遵守すべき内閣が、憲法を根底から破壊する法案を閣議決定するなど、到底許されるものではない。強く抗議するものである。

今回の政府案(「組織犯罪処罰法」改正法案)は、「組織的犯罪集団」が、「特定の犯罪」について、二人以上で計画(共謀)し、そのうちの一人が犯罪実行のための「準備行為」を行えば、計画・相談した全員を「テロ等準備罪」(=共謀罪)で処罰するというものである。

捜査の対象は「組織的犯罪集団」とされているが、その定義はあいまいであり、警察の恣意的判断によって、捜査対象は一般市民にまで広げられる惧れがある。

また、「特定の犯罪」というが、その犯罪は277にも及んでいる。そして、計画段階を捜査するために、盗聴や盗撮が行われる危険性もある。

すでに、昨年の参院選で、大分の労働組合事務所の盗撮が行われ、危険性は現実のものとなっている。

安倍内閣は、「共謀罪」を「テロ等準備罪」と言い換え、「オリンピック開催のため、テロ対策が必要だ」と主張している。

しかし、口実とした「国際越境組織犯罪防止条約」はマフィア対策のものであり、テロ対策とは何ら関係がないことが判明した。

また、日本は13本のテロ対策の国際条約を締結し、国内法も整備しており、新しい法律をつくる必要などない。

一方、「テロ対策」と強調しながら、当初の政府案には「テロ」と言う文言がないことを指摘されて、あわてて書き込むお粗末さである。

「共謀罪」創設法案については、これまでの国会審議のなかで、危険性とあいまいさが明らかにされ、すでに何度も法務大臣は答弁不能に陥った。

答弁不能の大臣は、あろうことか、「審議封じ」の文書まで配布した。

このような内閣に、「共謀罪」法案提出の資格などない。法案の国会提出など認めることはできない。

「共謀罪」創設のねらいは、労働運動や市民運動に「犯罪集団」のレッテルを張り、市民の運動への参加を遠ざけることにある。

そして、モノ言えぬ社会、監視・密告社会をつくることにある。

その先にあるのは「戦争する国」である。

戦前、治安維持法によって労働組合や宗教者まで逮捕され、「戦争反対」の声が封じられ、日本は戦争への道を突き進んだ。

その歴史を繰り返してはならない。「治安維持法の現代版」=「共謀罪」を許してはならない。

全労連は、「共謀罪NO! 実行委員会」と「総がかり行動実行委員会」が呼びかけている「『共謀罪』創設に反対する緊急統一署名」運動に全力でとりくむ。

「テロ対策」などというウソを暴き、「共謀罪」の本当の中身とねらい、危険性を知らせる運動を急速に広げる。

国民の圧倒的世論と運動で、憲法違反の「共謀罪」を必ず、4度、廃案に追い込むため、奮闘する決意である。

以上

〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4全労連会館4F

TEL(03)5842-5611

FAX(03)5842-5620

Copyright(c)2006 zenroren. All rights reserved.

 

 

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする