団体交渉一覧

2017年12月4日付書記局ニュースNo.6「秋闘妥結・一時金支給対象4月~9月へ」

17秋闘一時金支給日は12月11日 11月27日(月)、本部にて17秋闘の第3回団体交渉が全体で36名の参加で行われました。一時中断して開催した中央委員会にて、執行部からの妥結提案が賛成多数で可決されました。その結果、支給日は12月11日になりました。

2017年7月24日付書記局ニュースNo.31「労働安全衛生委員会規程を法律に沿うよう見直しを」

労組が抗議 二度の約束不履行は許されない わかやま市民生協労働組合は、昨年秋より理事者に対して、労働安全衛生委員会の規定を法律に沿うよう要求、今春闘でも見直すとの回答をしておきながら、現在に至るまで放置されています。 これについて6月23日抗議を行いました。

2017年5月22日付書記局ニュースNo.29「第5回全員団交・中央委員会で妥結」

第5回全員団交・中央委員会で妥結 17春闘第5回全員団交に34名 17春闘の第5回目となる団体交渉が5月15日月曜日、本部にて行われ、同日開かれた中央委員会にて執行部の妥結提案が確認されました。参加者は34名でした。

2017年4月17日付書記局ニュースNo.27「17春闘第3回全員団交・現場から発言]

4月11日(火)、本部にて17春闘の第3回目(趣旨説明団交を含む)となる団体交渉が行われ26名が参加、物流や店舗から契約時間や時給の話が出され、人がたくさん来るように賃金や一時金アップ、契約時間の厳守もしくは変更など、労働条件の向上を要求しました。

2017年4月11日付書記局ニュースNo.26「第1回代表団交開催、わずかに前進も」

2017年3月30日、本部にて回答書が出てからは第1回目となる代表団交を行いました。第1回目ということで、労働組合からは主に回答に対する疑問点を中心に、パートの時給、一時金、有休取得計画等々の問題が話し合われました。若干の前進部分もあり、今後の団交への参加人数がカギになってくる状況です。