2016年2月29日付書記局ニュースNo.12「16春闘方針&要求可決・第30回臨時大会」

IMG_4928

16春闘方針&要求可決・第30回臨時大会

労働条件向上で人手不足の解消を

2・19臨時大会

働いて良かったと言える職場にしていこう

2月19日金曜日、わかやま市民生協本部組合員ホールにて、第30回臨時大会が、代議員28名・委任状2名の計30名の参加で行われ、すべての議案が賛成多数で可決されました。

24日水曜日には「2016年度春闘要求書」と関西地連の「統一要求書」が理事会に提出されました。

開会あいさつ・A執行委員長

神戸女学院大学教授の石川康宏先生の本で、「社会のしくみのかじり方」という本の一説を紹介します。

「イギリスには国民は自分のレベル以上の政治家を選ぶことができないというという格言がある。」

「18歳選挙権で240万人の有権者が増える。若い皆さんには賢い国民になってほしいと思う。」

「政治に無関心でいることはできるけれど、政治と無関係でいることはできない」

これは「政治」を「労働組合」に置き換えても当てはまると思います。いくら無関心でも、結局最後は自分のところに跳ね返ってきます。

なぜ人手不足なのかを考えたときに、低い労働条件が挙げられると思います。

最低賃金を下回る採用時給で、足りない分を調整給で補う。これが実態。

エリアスタッフの契約時間は20時間未満の人がほとんどですが、8割方の人が20時間以上働いています。しかし雇用保険はかけられていません。

職強要の問題、懲戒解雇の問題など、同時にたたかわないといけません。変えていくためにはみんなの力が必要なので、ぜひ労働組合にさらに結集をお願いしたいと思います。

来賓あいさつ・和歌山県地方労働組合評議会K議長

今、わかやま市民生協の中で常識外れな問題が起こっているのではないかと心配。学校生協の理事長もしていますが、同じ生協経営をやっている者としても、常識外れだなと思うことが。

Sさんは透析をしながら1年4か月仕事をフルタイムでしてきました。血圧コントロールで2ヶ月休んだ後、復職を拒否されて働けなくなっています。先日支援する会を結成。ニュースにも書いてありますが、みんな言っているのは、「彼は十分働ける」「どうしてちょっとした配慮をすることさえできないのか」。

退職強要の面談では、生協に甘えるつもりか、というひどいことも言われています。

もう一人、うつ病で休んでいるTさん。休職の手続きを怠ったからといって懲戒免職。しかも書類を出した次の日に懲戒免職の処分。

一週間に一回電話してこいと言われてもできないんです。自分のところでも、うつで休んでいる人がいますが、電話はしません。プレッシャーをかけるから。

もう一つの常識外れは、パートの皆さんの賃金(初任時給)が、最賃以下で賃金表に表示されています。私は恥ずかしいなと思う。よく表示されているなと。

色んな点で常識外れな状況が拡がっているなと思います。県地評みんなで市民生協労組を応援したいと思います。なんとしても前進を勝ち取って、働いて良かったと言える職場にしていきましょう。

欠員状態を続けたら組織が崩壊

討論 9分会10名が発言

Aさん

人が足りないので、本来やらないといけない仕事ができません。それでもやれという感じになってくるので時間がないです。

給料もそんなに高いとは思えません。時給も低いですが、その理由も分からないです。

何も分からないだけなので、せめて理由を教えてほしいと思います。

Bさん

最近、人員不足のところにインフルエンザがはやって欠員が出ています。チーフや所長も体制を組むのに日々追われている状況です。

指定休日になっていても、来てもらわないといけないかもしれないと言われます。そういうイレギュラーが常態化し、前日の晩に連絡が来るような状況です。賃上げで人が来てもらえるように団結してがんばろう。

Cさん

どんどん大変になっています。昔は8時30分出勤だといいながら、8時や7時30分ごろから積み込みをしていました。だんだん、そんな風に戻っている支所があるのではないでしょうか。結構後退しているなと思います。

昔昼休みにキャッチボールをしていたら、「こんなことができるようになったのか」と当時の役員が言っていましたが、そこから時間が経って、昼ご飯も食べられないというのは…。すごいことになっています。

Dさん

人員不足がひどく、応援に来てもらっています。代走で何とか回ればいいというのが全体的にまん延しています。やはりそれだと組合員さんにも迷惑をかけたりというのが多々出てきています。そういうのが積み重なったら生協が崩壊しかねません。

人員不足を解消して良いサービスができればと思います。昼休憩も全然無いような状況です。配送の空き時間もありません。空き時間を休憩に充てるというのもおかしい話だと思いますが。休みたいときに休めなかったり、休みだったのに急に出勤になったり。

逆に急に電話がかかってきて明日休みだとか、心身ともにゆっくり休めません。

Eさん

問題点はたくさんあります。先ほど言われたように人員不足が重要な問題です。上からは何をしたいのか伝わってきません。配送だけまわっていればいいというような感じしか伝わってきません。

誰かが休んだら代わりがいないというのは、もはや組織ではなく個人経営になっているのではないでしょうか。声を出し続けないと何も変わらないので、立ち上がっていきましょう。

Fさん

人員不足を実感しています。昼休憩もあまりとれなくて。周りもあまり取れていません。

Gさん

9割以上の問題は「人がない」。今週は風邪ひきが多く、みんな無理してマスクして赤い顔して出勤していました。人がいないとどうにもできないところにまで来ていると思います。

Hさん

人が足りません。切羽詰まった状態だと感じています。支所の配送が回ればいいというレベルで、他が何もできない状態だと思います。それについて理事者側がどう思っているのか見えません。組織としての内部けん制やコンプライアンスなどが無い状態ではないでしょうか。こんな状態では不正が起こっても不思議ではありません。そこが一番心配です。

今の状態を続けたら組織が崩壊するところまで来ているのではないでしょうか。そういう中で、職員を軽視し過ぎているように思います。一職員としてどんどん声を上げていただけたらと思います。

Iさん

人手不足なのでアルバイト・パート・シニア、応援を毎日募っている。人数不足で流れ作業をこなすため、みな毎日クタクタです。最近インフルエンザが流行り、ほとんどの人が2ゾーンピックに入り、がんばっています。時間内に終わりたいのですが、身体がもちません。

パートからシニアに代わり、パートの人数は減りつつあります。コスト削減も大切ですが、私たちや、アルバイト、シニアにも最賃以上に上げてほしいです。交通費も支給をしてほしいと思います。

Sさん

助け合いや協同を理念としてもっている生協が就業規則を守ってくれません。TさんやHさんもそのことで苦しめられています。

討論のまとめ 執行部より

人手不足が全分会から

分会の意見で総じて言えるのが、全職場で深刻な人手不足。それに歯止めが利かずに本来の仕事ができなくなっています。

生産年齢の人口が減っており、どこの会社も非正規の人手は欲しい。そのために労働環境を整えようとしています。非正規の取り合いなってるというのが現状です。

理事会は、実は一時金や退職金も入れたら見劣りはしませんよと言っていますが、「さあ、ここで働こうか」という魅力には乏しいですよね。

正規からパート、パートからアルバイトというのは、とにかく安さありきではないでしょうか。

他の生協では、委託会社へ丸ごと業務を委託するケースも増えています。委託は多分高いですが、その代わり必死になって人を揃えようとします。

(わかやま市民生協は)安い賃金で利益を上げ続ける仕組みになっていますが、一つだけ(人員不足を)改善できる方法があります。まともな労働条件を用意することです。

執行部の言うことは、「おまえらだけが言っているのだろう」と思われます。今9つの分会からみんなが同じことを言いましたが、今度の春闘の団交に来て、みんなが同じことをしゃべってくれたら、それだけでは変わらないと思いますが、それを繰り返していけば変わるかもしれません。

また、組合員さんにもそれを伝えて、声の正当さを理事会に伝えられれば。

みんなが団交に来て発言してほしいと思います。

注目!!

要求書の確認をしよう!

2月24日に2016年度春闘要求書を提出しました。

各分会にはコピーを配布しています。読み合わせを含め、分会を開催しましょう。

回答指定日

3月16日

バスツアー

3月6日(日) エキスポシティ(申し込みは終了しました。)

 

関連記事:

計算ツール(スマートフォンの場合は横向きに)

社会保険料計算

雇用保険料計算

産前産後・育児休業開始日計算

源泉徴収所得税計算

記事にコメントする